まつ毛のダメージを防ぐ方法

笑う女性

ふさふさで長いまつ毛は女子の憧れです。
それだけで目が大きく見えてしまうためまつエクやつけまつ毛を使用するのですが、自分のまつ毛のダメージを防ぐことも重要です。
まつ毛はなかなか伸びません。
髪の毛よりも伸びるペースが遅い上、しっかりとしたアイメイクやそれを落とすためのクレンジング、ビューラーなどで傷んでしまいがちです。
けれど、それを全部諦めたくない!というのは当然のことでしょう。
しかし、ダメージを防ぐためには今までのクレンジングなどの方法を見直すだけでも、ダメージを防ぐ効果は見込めるのです。
クレンジングの際、目もとをこすってしまうのは厳禁です。
まつ毛が抜けてしまうだけではなく、他のところよりも皮膚が薄い目もとにダメージを与えてしまい小じわなどの原因になったり、目の中にクレンジング剤や指が入ってしまうことで目にも影響が出てしまう可能性があります。
優しく撫でるように洗ったり、専用のクレンジング剤を使うようにしましょう。
また、ビューラーを使う際には先にマスカラを付けてから使用するようにします。
特にホットビューラーは熱でまつ毛にダメージを与えてしまいます。
先にマスカラをつけることで熱から保護することが出来るようになるのです。
そして重要なことが、しっかりと栄養を与えることです。
しっかりと栄養素を補給できなければ、健康なまつ毛を作り出すことは出来ません。
健康であれば多少のダメージもはねのけることが出来ますが、傷んでしまっていればさらに傷んでしまうだけです。
専用の美容液や育毛剤を使用したり、まつ毛の原料となるたんぱく質を摂取することにより、内からも外からも丈夫で健康なものにしていくことは可能です。

関連記事