背中脱毛とまつ毛の構造とは

若い女性

背中は直接目で見えない部分であり、あまり毛をしていない人も多いでしょう。
しかし、水着や背中の開いたドレスを着る時などには気になる部分ですし、背中のケアをしっかり行っておくのがおすすめです。
まつげの構造について知りたいと考えている人もいるかもしれません。
まつげは筒状で中心にある毛髄質、その周りの毛皮質、一番外側の毛表皮という3層の層構造となっています。
まつげの構造を理解してケアしていくことにより、健康的な自まつげを手に入れることができるでしょう。
毛髄質とは毛を構成している層の1つであり、細い毛の場合は毛髄質の割合は約10%となっています。
そこで自まつげのケアをしっかりと行うことが大切なのですが、毛髄質の主成分はたんぱく質と脂質です。
毛皮質は層の真ん中にあって8割以上を占めており、主成分はたんぱく質です。
この部分のたんぱく質や水分の量によって毛の太さや柔らかさが決まるということです。
毛表皮は一番表面にある層なのですが、毛の内部を刺激から守り、蓄えられた栄養や水分を保持するという働きをしています。
健康なまつげを育てたいという場合、まつ毛美容液を使うという方法があります。
しかし、まつ毛美容液は体質によって効果に差が出てしまうため、それ以外の生活習慣にも気をつけると良いでしょう。
マスカラなどのアイメイクを落とす場合、あまり強くこすらずにコットンなどを使って優しく落とすことが大切です。
マスカラやつけまつげの使用を控えることや、ビューラーのゴムを定期的に取り替えることもポイントです。
またまつげを傷める原因となってしまうため、ホットビューラーでまつげにカールをかけることやまつ毛パーマをかけるのは控えましょう。

関連記事